2017年7月21日金曜日

お城とは!?  その3

SLと全く関係のない話が続いています!

もう期末も終わって夏休みですw

ひさめも、遊び始めてますw



さて前回は、2つある「よくあるお城についての勘違い」のうち

じつは、石垣や天守閣があるお城の方が珍しい」というお話でした
   
もうひとつは、お城というのは

1つのお城だけで守るものじゃない」です

 
  
高い石垣や深い堀、いくつものやぐらや壮大な天守閣

入り組んだ通路に、複雑に配置された二の丸や三の丸

どんなに、さまざまな工夫や造形で難攻不落を誇っても

1つのお城だけが突出してても意味がないんです


基本的に、防衛戦や籠城というものは

拠点間の相互支援や、よそから援護・援軍があるから成り立ちます

こっちが攻められてる間に、後ろや脇から攻めたり、

退路や補給路を断つ

そういう防衛方法です

前回も書きましたが、お城や砦は

1市町村あたり、大抵3つ4つ以上はあります

そんな「支城網」といわれるように、

大小さまざまな城や砦で連携して、地域や領地を守っているんです

大きな寺や神社も、防衛拠点として機能していました

点でなく、面を押さえるってやつですね



ですので

1つや2つの城や砦しか持たない小領主ならまだしも

いわゆる大名とかで、その居城(本拠地の城)まで攻め込まれたら

もうほとんど負けなんです

文字通り「最後の砦」だからといって、

その城がどんなに難攻不落でも、もう詰んでる状態なんです

去年の大河ドラマの舞台にもなった

大坂の両陣なんかは、分かりやすい例ですね

(ちなみに、当時は大阪でなく大坂です)


ちょっと専門用語になりますが

天守閣の「石落とし」や「狭間」なんていうのは

特に無駄な装備なんですね

(石落としや狭間などは、こちらのサイトが分かりやすいです)


「ここから、石を落として防ぐんですね~」

なんてテレビとかで紹介されますが

攻撃する方も、本丸や天守閣まで攻め込んだら

それ以上無理に攻めません

ゲームじゃないんだから、無駄に命捨てるバカはいません

遠くから火を放てばいいだけですし、

余裕があれば、2、3日包囲すれば、餓えて抵抗もなくなります

そもそも、お城を落とすのは、内部崩壊や内通者を出すのがセオリーなんです

手ぐすね引いて待ち構えてるところに、

何の策もなく力攻めなんて、物語やゲームの中だけの話です




お城の芸術的な意味での建築造形と

軍事拠点として進化した建築造形

これは明確に分けないと、こういう勘違いが生まれてしまいます

そしてテレビや観光地で、

まことしやかに、それを案内しているという悪循環にw

お城の守りが優れているかどうかは

個々の構造ではなく、いかに有効な場所に配置してるか

そして優秀な人材を配置しているか

この2点です

「この城のつくりは難攻不落だね!」なんて言ってる人がいたら

歴史をかじり始めの、初心者の人と思ってくださって結構ですw



夏休みにどこか遊びに行った際、

ちょっとお城を見かけたら、こんな目線で見ると

また味わい深いかもしれません

ただし、以前も書きましたが、夏場の史跡巡りはお勧めしません!

(やっと終わった…w)


2017年7月12日水曜日

お城とは!?  その2

前回は、お城の目的について書きました

今回は、建築造形や軍事拠点としてのお話です

そこ、さっそく居眠りしない! 期末に出ますよ!w



テレビやネットのお城紹介で

堀や石垣、二の丸や三の丸の配置

門や道順、やぐらや天守閣を

「こういう防衛目的だから、こんな形してるんです」

という紹介があると思います

これはこれで、間違いではないんですけども

このおかげで、ふたつの大きな勘違いが起きてしまってます



まず1つ目として

「石垣や天守閣があるのは、ごく一時期の一部のお城だけ」

なんです

前回書いたように、時代の流れでお城は進化しています

今見る石垣や天守閣のお城が最初に出てきたのは

諸説ありますが、まあ1570年代です

その後、江戸時代になって平和になり、

軍事拠点としてお城は「進化」しなくなりました


授業で習って覚えている人も多いと思いますが

江戸時代になりたての、1615年に発布された「武家諸法度(ぶけしょはっと)」で

お城の新築や改築、増築は禁じられました

同じく同年に発布された「一国一城令(いっこくいちじょうれい)」では、

大名の居城(本拠地)以外の

支城や砦などをすべて破棄することになりました

幕府としたら、諸勢力の余計な軍事力を削りたかったわけですね


とまあ、そういうわけで、

石垣や天守閣があるような、今の形状のお城は

この1570年代から1615年までの

およそ40年の間だけの技法なんですね

それ以前の、石器時代の環濠集落とかから

千年以上続く、お城の形態から見れば

ほんのわずかな期間に作られた、お城の最終形態なんです

「なんだ40年もあるじゃない、結構作れるでしょ」 と思っちゃいけませんw

現在の重機や設計技術を使ってすら

あの地震で半壊した熊本城の「天守閣だけの再建」に3年

城全体の再建に20年を見積もっています

もちろん、とんでもない資金も必要です

そう簡単に着手できる事業じゃなかったんです



お城や砦は、草木に埋もれてしまったものも含めれば

1市町村あたり大抵3つ4つ以上はあります
 
天守閣が無かったり、石垣づくりでないお城の方が圧倒的に多いんです
 
むしろ、土を掘って土塁として、水堀でなく空堀で
 
真っ白な漆喰の壁ややぐらでなく、板張りの壁ややぐら
  
天守閣みたいな高層建物はなく、平屋の屋形
  
そんな地味で、壮麗や雄々しさとはかけ離れたのが
 
「よくある普通のお城」 だったんですw 

 武田信玄、上杉謙信、毛利元就

ここらへんのお城はみんなそうです

織田信長、徳川家康、伊達政宗なんかも

前半生は、そんな土と木の平屋のお城でした

ちなみに今やってる大河ドラマは、その過渡期の時代ですから

出てくるお城の変化を見て、時代考証するのも楽しいかもしれませんw

(ネタバレですが、主人公は1582年没です)



…そして、まとめきれなかったため

2つ目は、まさかの「その3」に続きますw



2017年7月9日日曜日

お城とは!?  その1

ここ数日、たまたま異口同音で

お城の話題で、同じような勘違いをされてた人がいたので

ちょっと詳しく書こうかなと思いました☆

そうです! 恒例の、SLとは全く関係ないブログです



当たり前ですが、お城は最初から

今よく見かけるような形じゃありません

時代とともに、目的や形状は変化しています

そもそも、「軍事拠点」と思われがちですが、

基本的には「家」なんです

普通の家でも、防犯のために塀がありますよね

1人2人のドロボウ避けならば、今みたいな塀でOK

10人、20人の盗賊ならば、堀でも作って防犯

100人、200人の軍勢なら、土で高く周りを囲ってより防ぎやすいように

…と、それがエスカレートして

規模も大きくして、石垣だの水堀だので堅固になって

何万もの軍勢にも耐えられる形になったのが、今のお城です

 「家」であり、それを守るために見張りや武器も備えた「軍事拠点」にもなり

近辺の有力者だから「行政の役所」も兼ねるようになったわけです



ここで面白いのが、日本と海外ではお城の目的が

実はちょっと違うんですよね

具体的に書くと、すごい専門用語と文量になってしまうので

ザックリと言いますがw



全部とはいいませんが、海外のほとんどの地域は

お城は「町ごと」守る目的なんです

ヨーロッパや中国などの古い町並みは、

よく、城壁に囲まれてるイメージありませんか?

日本は例外はありますが、基本的には

その有力者や領主の「家」や、居住空間を守るだけです

なんでそういう違いが生まれたかは諸説ありますが、

ひさめ個人としては、日本は山だらけで

それほど大きな「町や都市」が生まれなかったこと

そして、わざわざ莫大な資金と労力をかけて

町を囲うほどの強大な「敵」がいなかったこと

ここら辺が理由じゃないかなと思ってます



その2は、建築造形や軍事拠点としての、お城のお話です

夏休み前の期末試験に出ますから、よく覚えておくように!w




2017年6月30日金曜日

幻の夏コーデ

6月も終わって、いよいよ夏っぽくなってきます!

毎年夏になると悩んでいた、水着の購入も

春先に、とある理由でアッサリ購入してしまい…w



よし!じゃあ、夏服をガツンと買うぞっ!

と、いきたいんですが…
 
毎年ひさめはRLで遊び呆けて

ろくにインしないまま、夏が終わってしまいます


今月は連休がなかったので

泊りがけの旅行はありませんでしたが、

7月からは連休もイベントも目白押しです!

 「…てことだから、今年もよろしくね☆」

という連絡や電話が、ここ数日あちこちからありましたw


花火や祭り、色々ありますよね

海や山や川や湖もいいもんです

日焼け防止と、虫よけが大変ですけどねw

…ということで、ひさめは今年も

SLの夏コーデは、あまり無いことになりそうです


でもね~

架空のイベントや自然ばかりでなく

RLの夏を優先して楽しむのが、普通ですからねw

SLはあくまで「ゲーム」や「ひまつぶし」なんですから!


1週間、SLから離れているだけで

「いかに異常な世界か」ってのも、わかりますよ☆

禁断症状が出ちゃう人は、残念ですけどもw

SLの友達増やすより、RLで遊ぶ知り合い増やしましょ💛





2017年6月24日土曜日

そういう事か☆

O'setsは常識のない方は、お断りしています

SL内の常識でなく、RLでの常識です

先日来たお客様は

見た目もプロフもしゃべり方も、一見普通だったのですが

「SLでエッチして何か変?」

「40や50の父親が、美少女アニメオタクで何かまずい?」

「RLのエッチって恥ずかしいこと?子供の前でしちゃだめなの?」

「趣味や娯楽って、世間体や人の目を気にしないとダメなの?」

というお客様でした

また、別の日に来た方は

「ネットに入りびたりって、そんなに悪いかなあ?」

「ニコ動や2ちゃんねるとか、マジ楽しいよ!やってみなよ!」

「SLもそうだけど、なんか匿名でも仲間意識を感じられるし、そういう感動って大事でしょ」

というお客様


さて、ここでクイズ?ですw これらを見てどう思いましたか?

1.こんな人いるの? 関わりたくないw

2.別にいいんじゃない? 人それぞれだし

3.そうだよ 何がダメなの?

答えは記事の末にて☆




 常識やマナーやモラルって

世間体や社会になじんで生きていくためのものだと思います

人間って社会生活の中で生きてますもんね

俺は世間体にとらわれず、自由に生きるぜ

私は自由に好きに楽しむのよ
 
なんて、反抗期の高校生までのお話ですよ

少しは周りの事も考えるのが、普通の人間です
 
 
やましかったり、負い目ある趣味嗜好があるのは分かります

それを、秘め事にしてたり、自覚して遠慮してればいいんです

常識やマナーやモラルと照らし合わせてね

それができないのは、社会人として、大人として、親として、色々まずいかと…

なにがセーフで、なにがアウトか 

感覚というかアンテナがおかしいですよね

このブログでも、さんざん言ってますが

ひさめも、いい年した大人がネトゲやってるのは恥ずかしいと思いますし

ほかにも大きな声じゃ言えない、趣味嗜好のひとつやふたつはありますw

 

ひさめは今まで、「何が悪いの?」と開き直ってる人は、

分かっていながら、言い訳して意地を張ってるんだとばっかり思ってました

もちろん、そういう人もいるんでしょうが、

重度の脳に障害のある犯罪者が、自分を悪いと思ってないのと同じく

自分が常識から外れているかどうか、本当に認識できてない人もいるんですね

もとから常識やマナーやモラルが欠如してる人

そりゃあ、何言っても平行線なわけですね

容姿やプロフ、しゃべり方で、一見しただけでそれと分かる人もいますが

そうでない人もいるだけにタチが悪い…

冒頭に挙げたお客様の発言に

単純に「キモい!怖い!かわいそう」と思えない人

そういう人のRL常識って、何なんでしょうね?




さて、クイズの答え合わせです かなりザックリしたものですけどw

…答えとはちがうかw

1.こんな人いるの?関わりたくないw  → 「自覚や遠慮のある人」

2.別にいいんじゃない?人それぞれだし → 「意地を張ってる人」

3.そうだよ 何がダメなの? → 「もとから欠如している人」


さ、あなたはどれに当てはまりましたか?w





2017年6月21日水曜日

実証

先日、某お客様から

「ウラひさめのこと、ニコさんのブログに載ってましたよw」

と教えていただき、見てみました

ニコさんについては、ひとつ前の記事をご覧ください

そのうえで

ニコさんのブログで紹介していただいたのが こちら です



どうでしょうか?

「このブログ記事読んであげてw」

「やっと、SLを楽しみだしたのね、このまま楽しくやっていければいいね」

「まあ、もうどうでもいいや。勝手に言ってなさい。」

ね?

わずかしかない文量なのに、上から目線、お山の大将感が

にじみ出てるのが分かると思います

さすが「ニコさん王国とゆかいななかまたち」の王様です

ひとつ前の記事を、おのずと実証していただき

ありがとうございますというべきか

語るに落ちたりというべきか

 イライラして外面が剥がれて、本性が出てきたというか…

文句言いながら、ご丁寧にこまめにブログチェックしていただいてるようですし

本当に下衆な性格で、頭悪いんでしょうね



ニコさん、見てますか~?w

やればやるほど、ボロがでて王国崩壊しちゃいますよ?

こんなブログなんて、いちいちチェックせずに

マナーもモラルもない、取り巻きの仲間たちとともに

男と一緒か、裸みたいなssしかない色キチ○イなふりっかで楽しんだり

夢のBAR Yin Yang王国で楽しんでくださいませ🙇


上から目線でノコノコ来られても、非常に迷惑です

王様としたら飼い犬に手をかまれて悔しいんでしょうけども

今後、私に関わらないでください

以前からこのブログにさんざん書いてますから、

いちいちブログをチェックされてるニコさんも、ご存知と思います

 もうほんと、私の親と同じくらいの歳なのに、

ここまで酷い人とは関わりたくないのでw

よろしくお願い申し上げます🙇

 

2017年6月16日金曜日

相変わらず

先日、このブログでもお馴染みの

ニコさん Nico Darkmatter (aznico.vita) SL内プロフ

がお店に来ました

この前の記事をみて

BENTOの設定に苦戦してそうだから、来たとのこと

ほかのお客様がいたので、

その場では無難に対応しましたが…
 
 
 
 
以前の記事を探すのも面倒なので、

ニコさんという人を、ざっくり説明しますと

ひさめが初期にバイトした

BAR Yin Yang というお店のオーナーです

 
もともとYin Yangは、ニコさんが男探しのためにやってたお店ですが、

オーナーであるニコさんの、人柄や性格と同じ

だらしなく、楽しければ何をしてもいい、あいさつもできない人たちの巣でした

マナーもモラルも、あったもんじゃない人たちだらけです
 
「ニコさんとゆかいな仲間たち」 とでもいうべき村社会で

個人的に話したIMの内容なども、すべてニコさんに報告されて、

筒抜けで漏れるような陰湿な集団でした

それを指摘した折には

「堅苦しいw」だの「あー、ひさめちゃんは、私に味方してほしいんだ?w」だの言われたり…


そしてこのブログに、そんな人たちのことを書いたら

修正しろとのクレームももらい、修正した記事もありました
  
そんなたびたび衝突した結果
 
しまいには、ゴタゴタするからとYin Yangをクビにされました

ここにも書きましたが、その後いつの間にか、一方的にしれっとフレも切られてました 

そのくせ、このブログはご丁寧に見られてたようですけども…


もっといくつかの事例や

取り巻きの「ゆかいな仲間たち」の話もありますので

興味のある方は、ヒマつぶしにブログを遡ってみてくださいw




…とまあ、そんな人が、何を思ったかノコノコ来たわけです

ほかにもお客様がいたため、ニコさんが帰られたあと

どういう風の吹き回しかIMで聞いたら

「別にどうもこうもww,たまには行きたいなと思っただけなんですがねえ」

「ご迷惑なら二度と行きませんので。チップ確かにお返し頂きました、では」

とのIM

強がりだとしたら、大人気のなさが分かると思います

「この私が歩み寄ってるのに、なんやその態度」 なのが覗えますよね

本音だとしたら、今までの経緯を詫びもせず

「時間が経ったからええやろ~」程度の能天気さと、ケジメのないだらしなさで

フラフラやってきたんでしょう


イン率も減り、以前のように自分をチヤホヤしてくれる取り巻きや

慕ってくる男どもが減って、寂しかったり退屈だったのかもしれませんね



いずれにせよ…

バカでしょう? この人w

以前にも書きましたが、ひさめはケンカした人でも

詫びやケジメをつけ、反省して考えを変えてくれた人ならば

また仲良くさせてもらいたいと、常々思っています

実際それで復縁した人もいますし、

文句言ったら反省してくれたので、このブログのヤリ玉に挙がらなかった人もいますw


あれだけのことをしておいて、

適当に、時間が経てば、だらだら、なあなあで許されるのは、

自分が王様の「ニコ王国とゆかいな仲間たち」だけですよ

マナーやモラルだけでなく、詫びやケジメの付け方も知らないんでしょうか

私の親くらいの歳なのに、いい歳してホントなさけない

のぼせ上がるのも大概にしなさいよw

ここ1、2年で親の介護が大変になってきたなら

おとなしく親の介護に集中してればいいのに…

それでも、お店やイン率減らしてまで、

取り巻きにチヤホヤされる、SLでの甘い汁が忘れられないんですかね




ニコさんを知らない人は

見かけや、初対面での対応に惑わされないでくださいね

仲良くなれば、本性や「ゆかいな仲間たち」が分かりますよ


まだ虫よけ、バカよけの効果が足りなかったのかなあ、このブログ

それとも、バカには効かないのかな?w

困ったものです